rogoカナ.png

障害のあるなしは関係ない。

人には冒険が必要だ。

20139619_1226712547434086_37232777446002

ツリーイングを体験して

​キャンププログラム

CHALLENGE

\ ラぺリング /

(橋げたからロープで降りる)

 

橋げたにロープシステムを構築し、それらを駆使して、下に降りていく。

宙ぶらりんになる瞬間、怖くなり止めたい気分に気分になるかもしれません。でもそこで勇気をだして!降りる人にしか観ることのできない壮大な景色を観にいこう!

手に汗握る、「怖い」気持ちを乗り越えた先には、素晴らしい景色と清々しい気持ちが待っています。

障がいがある方や、車いすの方が橋げたからロープで降りるのは、おそらく日本初ではないでしょうか。

「橋からロープでおりたことあんねん。」

この一言で相手をびっくりさせる人になってみませんか!?(何言うてるんやろって思われちゃうか?)

 

CHALLENGE

\ ツリーイング /

(巨木にロープで登る)

 

ユニバーサルツリーイングを日頃から推進する私達だからできる。誰でもできるツリーイングの形。

インストラクターの私達ができること、それは、コツを伝える事だったり、あなたの気持ちを支える事だったり、一緒に登る仲間になったり。

専用ロープとアウトドア専用車いす(HIPPOcampe)を使って、10m以上の高さがある樹木に登っていく、それはそれは大チャレンジです。

昆虫や鳥が住んでいるその世界は、地上とは風が違い、登り切った後の景色は抜群です。

もう一度地上におり立った時、あなたには羽が生えているかもね。

 

その他エンジョイプログラム

 キャンプファイヤー

 天体観測

 みんなで食事

 大きなお風呂

​ 朝の散策

 外でお弁当

 但馬大仏に会いに行こう

海の瞑想
ロッククライマー粉末化手
156991_171833522838381_3009082_n.jpg
IMG_0879.jpg
1
 
19990507_1226712520767422_88636262485933
156991_171833522838381_3009082_n.jpg

Outdoor for ALLを合言葉にして、

障害のあるなしに関わらず参加し、

楽しい時間もありながら、

2つの冒険チャレンジプログラムを乗り越える

そのプロセスの経験から、自信をつけ、その先の人生に

かけがえのない「生きる力」を

​育むキャンプです

ユニバーサル

チャレンジ

キャンプって?

本当にできるのだろうか

怖い

やりきるっ!

夢中で覚えてない

楽しいっ!

 
 

場所

尼崎市立美方高原自然の家「とちのき村」​ほか

tochinoki.jpg

LOCATION

兵庫県北部・但馬は香美町小代区。スキーのメッカであるこの地のスキー場のさらに奥に位置する施設です。深い自然に囲まれたこの地で、小学生を中心に数々の冒険教育(※1)プログラムが展開されています。このキャンプのディレクターの吉川が勤めていたこともあり、職員の方々のサポート体制が密にとれるこの施設を選ばせていただきました。

  ・尼崎市立美方高原自然の家HP・・・http://www.obs-mikata.org/

 (※1)冒険教育に興味のある方

  ・日本アウトワード・バウンド協会(OBJ)HP・・・

https://obs-japan.org/

 

ディレクターの吉川は、OBJの主催する「冒険教育指導者育成コース」通称「JALT(Japan Adventure Leadership Training)」を2009年に修了しています。コース期間は69泊70日でした。

header_02.png
images.jpg

〒667-1532
兵庫県美方郡香美町小代区新屋1432-35
公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会
尼崎市立美方高原自然の家

logo_sp.jpg
access_map1.jpg

費用

 

キャンプ参加費・・・おひとり総額16,000円

(以降ご家族や介助者の追加お一人につき6,000円)

※今回は借り上げバスがでません。現地集合解散ができる方限定となります。

しかし、​乗り合いで向かう事もできるかもしれません。是非ご相談ください。

申込はこちらをクリック(フォームが開きます)

 ボランティアスタッフの参加費・6,000円

(実費がかかります。こちらからむしろ謝金をお支払いすべきところ恐縮です。しかし、このキャンプに参加をしていただくことで、多くの学びがあると思います。オリンピック・パラリンピックに向け、ユニバーサルやダイバーシティ、ノーマライゼーションといった言葉が多くみられるようになってきました。私たちの持ちうる情報、技術、想いはすべてお伝えいたしますし、キャンプ後も仲間として支えあう存在となることをお約束いたします。あなたのお力をお貸しいただければうれしいです。)

ボランティアご希望の方はココをクリック

​(ボランティア募集ページに飛びます)

ティピー
ティピー

​STAFF

1381539_627273933961002_265786665_n.jpg
14691055_1239815329373523_58085992979055
13895526_1175812949107095_24829316591177

キャンプディレクター(統括者)

吉川 史浩(Yoshikawa Fumihiro)

(一社)Water Ground Mountain代表理事

WAGOMU Climbing Gym代表

TMCA近畿・中国ブロック代表

ツリーイングチーフインストラクター

元特別支援学校保健体育講師

​元福祉事業所(自立訓練事業)職員

​冒険教育指導者講習「JALT」修了

こんにちは!今回のキャンプをたちあげた吉川史浩です!

​第1回目ではありますが、私にとっては10年間構想し続けたキャンプです。

というのは、特別支援学校講師時代、担任をしていた生徒が休みの日に何をしてるのかがふと気になり、調べたところ、毎週レンタルビデオ屋へ行き、好きなやつを借りて、観るという休みの日の過ごし方をしていて、単純に「スポーツとか、アウトドアしたくないんかなあ。」と感じていました。

(レンタルビデオ屋を否定しているわけではありません)

​その疑問をそのまま懇談会の時に家族に伝えてしまったところ、「先生!そんなとこないんですよ!そんなん言うんやったら先生達が作ってください!」と叱られてしまいました。。。

​そこから、、、続きはこちらをクリック!(キャンプへの想いページに飛びます)

先月の私。_仲間とキャンプ。_岩と海。.jpg
35882120_1856828887672161_16431372047776
10608336_796800207008373_724506714588573
皆さん、チャレンジしてますかー!!_教員になり、辞めて冒険を学び、また辞めて障害

​プログラムインストラクター

寺本 尚樹

 

(Teramoto naoki)

じゆうじかん 代表

TMCA近畿・中国ブロック 運営委員

ツリーイングインストラクター

元放課後等デイサービス 職員

​自然学校運営経験豊富

​プログラムインストラクター

岡田 絵美

 

(Okada emi)

元特別支援学校 講師

ツリーイングインストラクター

放課後等デイサービス 職員